安田研磨工業所

バフ(羽布)研磨とは?

バフ研磨とは、金属の研磨方法のひとつです。
機械や金属に携わる仕事をされていると、お聞きになられたこともあるのではないでしょうか バフ研磨とは、素材表面を仕上げ加工するための研磨方法です。 「バフ」と呼ばれる円盤状の研磨道具に研磨剤を塗布し、これを高速回転させながら素材表面に押し当てます。 バフの素材や研磨剤の種類を変えることで、研磨の度合いを柔軟に変えられるのが特徴です。 バフ研磨の対象は金属素材が中心ですが金属素材に限らず、ABS樹脂などプラスチック樹脂素材や木製製品に対しても、バフ研磨が可能です。
バフ研磨を行う目的は素材金属表面の凹凸をなくし、滑らかにする目的で行います。
バフ研磨後の素材金属表面は輝くような光沢が出るため、製品の外観も良くなるのが特徴です。 バフ研磨で用いる「バフ」の素材は、布・麻のような素材が用いられます。 砥石のような硬い素材ではなく、弾性のある素材を用いるのが特徴です。なおバフの素材は、目指す仕上がりに応じて変更します。
バフ研磨は硬い砥石を用いません。弾性のある素材で優しく磨き上げるため、表面がピカピカに(鏡のように)仕上がるのが特徴です。 またバフの素材や研磨剤の種類を変えれば、仕上がりも細かく調整できます(ヘアーライン仕上げも可能です)。 加えてバフ研磨はモーターの回転を利用するため、ヤスリやサンドペーパーを使った手作業の研磨よりも素早く仕上がります。 ゴシゴシと手を動かさないため、作業の負担もありません。 仕上がりの美しさと作業の手軽さを求めたい場合に、バフ研磨は最適です。 バフ研磨は、素材表面を綺麗に仕上げられる研磨方法です。 バフ研磨の代表的な作業現場です。このタイプはかなり大きい目の製品の「バフ研磨」「加工」「機械」の設備です。